住宅ローン金利の上昇は、5月1日から6月にかけて何年にもわたって低下に拍車をかけています。 住宅ローン金利の上昇によって引き起こされた冷え込み傾向は、南カリフォルニアの住宅市場を冷やし続けており、住宅価格と成約数は、通常上昇しているこの時期に下落傾向にあります。

住宅価格は2010年以来初めて5月から6月にかけて下落し、成約数は2013年以来初めて5月の水準以降で下落を示しました。 下落傾向にもかかわらず、専門家は「市場の暴落はまだありそうもないように見える」、と言います。

ガーデングローブのブローカーは、次のように述べています。「私たちは中立的な市場に参入していますが、まだ買手市場には入っていません。」

DQNewsが7月に発表したCore-Logicの数値によると、南カリフォルニアの住宅の中央値、つまりすべての成約の中間点での価格は、6月に750,000ドルで、5月から10,000ドル(または1.3%)下落しました。 価格は依然として高いですが、 2月から5月に設定された価格記録からわずかに後退しています。

しかし、価格の上昇率は縮小しており、先月の中央値は1年前からわずか10.5%上昇しています。これは、18か月間の前年比で最小の増加です。

成約数も5月のレベルから1.3%減少しましたが、2021年6月のレベルから25.3%、つまりほぼ7,000件減少しました。

先月の20,289件の成約数は、2020年6月にパンデミックの封鎖が発生したときを除いて、過去14年間で6月の中で最も遅いペースでした。

先日発表されたCaliforniaAssociationof Realtorsの数字は、南カリフォルニアの住宅市場で同様の下降傾向を示し、価格と売上高は5月から6月に下落し、前年比で価格上昇が縮小しました。

州全体の中央値は、既存の一戸建て住宅の昨年からわずか5.4%上昇し、CARの数値は863,790ドルに上昇したことを示しています。これは、2年間で州の前年比で最小の価格上昇です。

ベイエリアの不動産ブローカーは声明のなかで、「カリフォルニアの住宅市場は、過去2年間に見られた熱狂的な水準から引き続き減速している」と述べました。 「ここ数週間、金利が横ばいになり、上場価格を上回って売る住宅が少なくなったことで、将来の買い手は…競争が減り、入札戦争に巻き込まれる可能性があります。」

CARのチーフエコノミストによると、カリフォルニアの住宅の約50%が当初の提示価格よりも高い価格で販売されたのに対し、今年初めには約75%が提示価格を上回った。住宅の販売にかかる時間の中央値は、3月の8日と比較して、6月には11日に増加し、「住宅価格への上昇圧力は冷えた」と答えました。

市況の冷え込みは主に年初からの住宅ローン金利の急上昇に起因しています。フレディマックによると、人気のある30年固定金利住宅ローンの平均金利は、2021年の3%弱から5.51%に急上昇しました。

住宅を購入するために資金を必要とする購入者の場合、6月までの3か月間で毎月の住宅支払いは24%増加しました。これは、少なくとも住宅ローンを必要とするバイヤーの間では、需要を抑制しています。

「私たちはより多くの現金オファーを見受け、ほとんどの場合、それは投資家です。」とガーデングローブを拠点とするブローカーは言いました。

CARエコノミストによると、販売されている住宅の構成の変化も中央値を下方修正し、市場の低価格での成約数が増加し、高級住宅の成約数が急減している。州全体で、百万ドルの住宅販売のシェアは5月から6月に8.3%減少し、CARの数字は、200万ドル以上の住宅の販売が17.9%減少したことを示しています。

一方、50万ドル未満の住宅の売り上げは2.1%増加しました。

市場の冷え込み傾向はまた、市場の住宅の在庫を押し上げました。

6月の6郡地域の売り家数は37,604戸で、Zillowの数値は、この地域の在庫の最低点である2月から42%増加していることを示しています。

それにもかかわらず、 Zillowによると、リストは過去4年間の平均を24%下回っています。

「在庫は、パンデミックが始まって以来、現在、[州全体で]最高レベルにあります」とあるブローカーは述べ、現在のレベルは「長期平均をはるかに下回っています」と付け加えました。

予測価格は、来年の秋までに前年比で下落し、今後数か月間は下落し続けるでしょう。

「市場が正常化し続けているため、今年後半には年々の価格下落が見られるようになると予想しています」とあるブローカーは述べています。

郡別の内訳は、南カリフォルニアの3つの郡で年間価格上昇が2桁台前半であり、インランドエンパイアで前年比17%上昇し、ロサンゼルス郡で1桁上昇(9%)したことをDQNews/ CoreLogic数字が示しています。

LA郡とベンチュラ郡を除くすべての地域で5月比べてと成約数が減少し、住宅価格と成約数の中央値の郡ごとの内訳は、年々変化しています。

**ロサンゼルス郡の中央値は8.9%上昇し86万ドル。成約数は22.9%減の6,628件でした。
**オレンジカウンティの中央値は13.9%上昇し1,025,000ドル。成約数は33.5%減の2,767件でした。
**リバーサイド郡の中央値は16.6%上昇し594,500ドル。成約数は21.1%減の3,815件でした。
**サンバーナディーノ郡の中央値は16.9%上昇し517,750ドル。成約数は19.5%減の2,866件でした。
**サンディエゴ郡の中央値は10.1%上昇し825,000ドル。成約数は31.8%減の3,275件でした。
**ベンチュラ郡の中央値は10.1%上昇し810,000ドル。成約数は20.9%減の938件でした。

カテゴリー: 不動産について

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。