5%の住宅ローン金利は供給を解放する転換点とみられる

ここ数か月間の米国内の住宅ローン金利は6%から7%程度で推移していましたが、

米国の住宅所有者へのアンケートによると、住宅ローン金利が 5% 以上であれば売却意欲が 2 倍近くなりますが、その基準を満たすことができる住宅ローンは 5 件のうち 1 件で約20%にすぎません。

Zillowの四半期調査によると、現在保有している不動産に対する住宅ローン金利が5%以上の人のうち、38%の不動産所有者が住宅の売却を計画していると回答しましたが、この境界線を下回る金利を持つ保有者のうち、同じ回答をしたのはわずか 21% でした。

住宅ローン金利の上昇により所有者が引っ越しをする意欲をそぐため、中古住宅販売は昨年初めからほぼ毎月減少しており再販市場の在庫が非常に少なくなり、購入希望者は代わりに新築物件を探し始めている。

Zillowによると、米国の住宅ローン保有者の約80%は金利が5%未満、約90%は金利が6%未満だと報告し

ほぼ 3 分の 1 の住宅ローン保持者 3% 未満の金利であると報告しましました。

そして、住宅ローン金利が「近い将来に5%に戻る可能性は低い」と述べています。

「つまり、多くの住宅所有者は、出産や退職といった大きなライフイベントのときだけ引っ越しをすることになることが想定されます。」

それでも、住宅所有者の4分の1近くが今後3年以内に住宅の売却を検討しているか、現在住宅を売りに出していると回答しており、1年前に同様に回答した住宅所有者の15%を大幅に上回っており、これは在庫が間もなく増加する可能性があることを示唆しているようです。

いかがでしたでしょうか?

今は全くアメリカへの移住後の生活が想像つかないという方でも、これからもうすぐ移住予定という方でも、知っていて損はない情報かと思います。アメリカへの移住は大きな決断です。失敗のないよう、知識もしっかり身につけていきたいですね。 

Goldseaiでは長年の経験があるスタッフでなければ分からない知識も交えて、交渉サポートいたします。お気軽にお問合せください。