米国の住宅の成約数は、住宅ローンの利率の急速な上昇と記録的な物件価格の高値が住宅購入者を思いとどまらせたため、3月にほぼ2年で最も遅いペースに減速しました。 全米不動産業者協会によると、既存の住宅販売は先月2月から2.7%減少し、季節調整済みの年率577万件になりました。
これはエコノミストが期待していたことと一致しており、年間477万戸の成約件数があった2020年6月以来、最も遅いペースです。総価格合計は2021年3月から4.5%減少しました。
住宅ローン金利が急上昇し、30年固定金利住宅ローンの平均金利が先月末までに約4.7%に上昇したため、成約件数の減速が見られました。先週、高インフレが続く中、平均金利は10年以上ぶりに5%に達しました。フレディマックによると、1年前の30年の金利は3.04%でした。
NARのチーフエコノミストは、住宅価格の年間中央値の伸びは12月までに5%程度減速する可能性があると述べており、住宅ローンの利率の上昇は、伝統的に住宅販売で最も忙しい時期である春の住宅購入シーズン中の住宅購入の方程式を複雑にしています。
カテゴリー: 不動産について

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。