住宅価格高騰? 制御不能な入札合戦?
投資家が市場に殺到?

過去2年間、住宅価格が毎月のように過去最高を更新しているのを、アメリカは心配そうに見ていた。この2年間、住宅価格は毎月のように過去最高値を更新し、多くのバイヤーが希望価格を6桁も上回る金額を提示して、物件を手に入れた。15年前に世界経済を揺るがした住宅バブルを彷彿とさせるような光景である。

市場が沸点に達するまで加熱したとき、ほとんどの不動産専門家は「住宅市場はバブルではない」と断言した。住宅ローンの金利が2%台半ばという前代未聞の低金利だったため、買い手は膨れ上がった価格を買うことができたという。
また、住宅ローンの貸し手も、再び差し押さえの危機を引き起こすような不良債権を作るようなことはしなくなった。そして今回は、危機的状況にまで達した住宅不足のため、売り物件よりも買い手が多く、2007〜08年の暴落前とは正反対の状況になっている。これは、2007〜2008年の住宅危機以前の状況とは正反対である。このような市場であれば、この熱狂を支えることができるだろうと、彼らは説明した。

しかし、住宅ローン金利が過去10年間で最も高くなり、先週は5%に達し、上昇を続けていることから、そうとも言えなくなったかもしれない。その専門家の多くが、住宅市場はバブルに近づいている、もしまだバブルでないなら、と警告を発している。

住宅購入者が市場から値崩れする前に購入できる金額は限られている。住宅ローン銀行協会によると、金利が4%を超えた3月には、住宅ローンを申し込む人の数が5%減少したという。

全米では、同じ住宅を購入する場合、1年前に比べて毎月の住宅ローン返済額が約42%も増えている。3月に前年同月比14%上昇した住宅価格と、2ポイント近く上昇した住宅ローン金利の上昇という強力なコンボが、こうした住宅ローン請求に毎月何百ドル、いや何千ドルも上乗せしているのである。

そして、それは潜在的な購入者が他のすべてに費やしているものに加えてのことだ。家賃は前年比で約17%上昇し、インフレ率は8.5%、ガソリン価格は約40%上昇しています。多くの人々は、ただただ疲弊しているのだ。

住宅価格、住宅ローン金利、家賃の高騰を同時に処理することができるのでしょうか?無理だと思う人もいる。

Realtor.com®の経済調査マネージャーは、「まだ住宅バブルではないが、このまま価格が上昇し続ければ、バブルに近づくだろう」と述べている。 「住宅ローン金利が上昇し続ければ、売上が減少し、価格もそれに追随して調整される市場も出てくるだろう。

しかし、「市場が大暴落したり、差し押さえ物件が急増することはないだろう」と付け加える。

経済調査マネージャーは、地域の不動産市場にもよるが、5%から15%の価格下落があり得ると予想している。ラストベルトのように、新しい居住者を惹きつけるのに必要な良い仕事がなく、経済が停滞している地域は、より大きな価格下落に見舞われる可能性が高い。オハイオ州トレドやニューヨーク州ロチェスターなどでは、すでに価格が下落している。

しかし、価格の緩和を期待した購入者は、おそらく失望することになる。たとえ価格が下落しても、住宅購入者は毎月の住宅ローン支払額の上昇に悩まされることになる。金利があまりにも急速に上昇したため、価格の下落を補って余りあるほど、住宅購入者に負担を強いることになりそうです。

また、高収入の技術職や製造業が多く存在する、より魅力的な地域は、価格がまだ上昇し続ける可能性があります。

建築コンサルタント会社Zondaのチーフエコノミスト、アリ・ウルフ氏は、「今、人々は予算を伸ばし始めている」と言う。「市場は、わずか6カ月前よりも活況を呈しているように見えます」。

価格は今後も上昇し続けるだろう-今のところは。

カテゴリー: 不動産について

0件のコメント

コメントを残す

アバタープレースホルダー

メールアドレスが公開されることはありません。